MacでYoutubeダウンロードしてから、DVDに作成方法

Youtubeのムービーをダウンロードしてから、もしDVDプレーヤーで楽しみたいなら、どうしますか。方法は実は簡単です。今日はMac OS Xでの方法をみんなに説明します。

使っているソフトは二つあります。まずはYoutubeダウンロード用ソフト。次はDVD作成用ソフトです。それでは、詳しい方法を。

ステップ 1.MacでYoutubeダウンロード

このブログではもういくつかのYoutubeダウンロード用ソフトをみんなに紹介しました。いくつかの機能を統合搭載しているClone2go DVD Ripper For Macもありますが、無料のClone2go free downloader for Macもあります。使い方なら、どちらも簡単です。

まずは、Youtubeムービーのリンクをソフトに貼り付けます。

次は、出力フォーマットを設定します。(一般的にはMP4がいいです)

それから、Youtubeダウンロードできます。終わってから、簡単に「フォルダー」ボタンをクリックしてから、出力ファイルを含めるフォーマットは開かれます。

 

ステップ 2.MacでムービーをDVDに作成

Apple iDVDを使うことができます。このプログラムを使うと、QuickTime ムービー、MP3音楽とデジタルフォトをDVDに作成できて、DVDプレーヤーで再生できます。

まずは、iDVDを起動して、新しいプロジェクトを作ります。

次は、「メディア」タブ - 「ムービー」タブをクリックします。

それから、この前ダウンロードしたYoutubeムービーをプロジェクトの左パネルにドラッグ&ドロップします。

バックグラウンド音楽、テーマ、ボタンなどを設定してから、「ファイル」 - 「DVD作成」をクリックして、DVD作成を始めます。

注意:

もし、YoutubeムービーをiDVDに追加できない場合、まずはQuickTime ムービーフォーマットに変換してください。

 

全ては無料ソフトでできます。使い方もごく簡単です。

 

 

タグ : , ,

Comments are closed.