Windows Media Playerの音楽をiTunesに転送方法

Windows Media Playerの音楽を、もしiTunesに転送して、再生したいなら、どうすればいいですか。直接に転送することは多分できません。音楽の状態に従って、転送するほうがいいです。大体は以下のようです。

まずは、音楽で右クリックして、「プロパティ」を選択します。次は、「詳細」タブ - 「コンテンツ」 - 「保護」を見てください。もし、「はい」であれば、それは保護付けの音楽という意味です。「いいえ」であれば、保護なしの音楽という意味です。

保護がつけているかどうかに従って、iTunesに転送方法も違います。詳しい方法:

1.保護なしの音楽

普通の音楽なら、一般的にはiTunesに追加できますから、直接にドラッグ&ドロップすればいいです。注意すべきなのは、wma音楽なのです。wma音楽をiTunesに追加してから、iTunesは自動的にその音楽をAACに変換します。でも、元のwma音楽には何の影響もありません。

2.保護音楽

前も紹介しましたが、音楽から保護を解除する方法とは、録音とか、CD書き込みとか、ソフトとかの方法があります。CD書き込みなら、CD-RWを使うほうがいいです。何度も使えますから。CD-Rなど一度しか使えません。

ソフトなら、私はTunecloneというソフトを使います。使い方も簡単で、変換するのは速いですから。多くの人から音質について聞かれますが、人耳が区別できないほどです。

 

それで、以上の方法では、簡単に音楽をWMPからiTunesに転送できます。私から見れば、やはりソフトのほうがもっと便利だと思います。保護音楽と保護なしの音楽を一括MP3に変換してから、iTunesに転送するほうがもっと速くて、便利です。

もちろん、みんなは自分の目的に合わせて、選択できます。お役に立てば、幸いです。

 

タグ : , , , , , ,

Comments are closed.